製品の形態
2017.06.28

悩む男性システムと一言で言っても様々なシステムが存在します。唐突に、このようなことを言われても「何を言っているのか分からない」とお叱りを頂いてしまうかもしれません。例えば、ここで紹介する人事給与システムだったり、在庫管理システム、顧客管理システムがあるわけです。いずれも素晴らしい性能を発揮してくれて、仕事をし易い環境を作ってくれます。そして、さらに細かく分類することができます。ということで、人事給与システムの製品形態という視点で細分化をしてお話を進めていきます。
【月額制で人数によって形態が異なる】人事給与システムのメリットの1つに「事細かく分類することができる」ということが挙げられます。見出しに記載したように、システムを利用するために、月額制で人数によって形態が異なるということは、企業によってシステムを使い分けることができるということを意味します。つまり、10人規模の人事給与システム、100人規模の人事給与システム、1000人規模の人事給与システムと。後は月額制の値段が上下するだけになるだけです。このように使い分けができるということになるため、大きなメリットに。
【ライセンス買取型の製品形態】もう1つ代表的なシステム形態は、ライセンス買取型の製品です。こちらは、まず人事給与システムのソフトを購入し、利用したい端末にインストールします。後は、誰が利用するのか?と利用する人数分のライセンスを購入する方法です。ただし、ライセンスには様々な種類が存在するため、注意が必要です。例えば、端末単位であったり、人事給与システムで管理する人数単位だったりと。いずれにせよ、ライセンスが無ければ利用することができないシステムというものです。後は、このシステムを販売している業者に「ライセンスの単位」を問い合わせて必要分を購入して利用という形になります。
【完全オーダーメイドというケースも】どれだけ探しても、目的のシステム形態を探し出すことができないというケースは残念ながらあります。そういったとき、最終手段となるのが「完全オーダーメイド」です。IT業者に対して、こういったシステムを作りたいと要求し、システムを作ってもらうわけです。言うまでもありませんが、莫大な費用が必要となってしまいます。既存システムをベースに、少しだけ作り変えるというだけであれば、ある程度、費用は抑えることができますが。ともあれ、好みのシステムになる変わり、大きな金額が必要になると理解した上で、熟考するとよいでしょう。

▲ ページトップへ