サポートエリア
2017.06.28

かっこいい男性人事給与システムに限らず、システムを導入した後、様々なトラブルに見舞われてしまうことがあります。システムの不具合だったり、想定していない操作をされてしまったりと。そこで対応してくれるのが「サポート」になりますが、一体、このサポートは、何処の地域まで足を運んでくれるのか?と気になるところ。例えば、南極で導入したら、南極まで足を運んでくれるのか?と…。ということで、システム導入後のサポートエリアについて触れていきます。
【基本的には全国のエリアに対応】これも人事給与システムのメリットの1つと言ってもよい「サポートエリアは基本的に全国のエリアを対応している」というものです。人事給与システムは一度導入してしまえば、基本的にはサポートいらずで利用することができます。つまり、導入までが一番面倒で難しく、大規模なシステムとなれば、業者側から担当者が直接足を運び導入してくれることになります。その後、使う分には普通にソフトを使っていく感覚のため、いちいち足を運んで対応をしてもらう必要はない程度のものに。何かトラブルがあったとしても、基本的には遠隔で対応することができたり、メールなどのやりとりで復旧や解決することがほとんどです。とはいえ、どうしても足を運んで欲しい…つまりサポートに来て欲しいということもあるでしょう。当然、この場合も担当者がしっかりと足を運んで対応をしてくれるはずです。
【規模の小さい企業の場合…サポートエリアが限られる場合も】ただし、人事給与システムを提供している企業の規模が小さい場合は、サポートエリアがどうしても限られてしまうことがあります。例えば、東京の企業が北海道、沖縄にサポートしにいけるか?となると、少々話が変わってきます。どうしても小さな企業は、こういった交通費を出費できるような体力がないことも多いため、どうしても「いけない」というケースも。行けたとしても、時間が掛かってしまうこともあるわけです。こればかりは、企業の方針になってしまうため、利用者側は、これを承知の上で利用していくしかありません。
【出張サポートの場合…別途料金が発生することも】先程、お話したように、大きな企業の人事給与システムであれば、サポートエリアは全国可能となっていることが多いです。ただ、中には全国可能としていても「有料サービス」にしているケースもあります。したがって、契約するときや導入するときには、しっかりとサポートエリアと有償無償の判断はしておかなければなりません。

▲ ページトップへ